風水害

風水害に備えるには、気象の情報を把握し、早めの備え、速やかな行動をとることが鉄則です。このページで紹介する気象用語を参考に、天気予報などから正確な情報を得るよう心がけましょう。

雨の強さと降り方

やや強い雨 [1時間雨量10~20mm]
ザーザーと降る雨。
地面一面に水たまりができ、屋内でも雨の音で話し声が良く聞き取れない。
強い雨  [1時間雨量20~30mm] どしゃ降りの雨。
傘をさしていてもぬれるほどの雨で、側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる。
激しい雨 [1時間雨量30~50mm] バケツをひっくり返したように降る雨。
道路が川のようになり、山崩れ・崖崩れが起きやすくなる。都市では下水管から雨水があふれる。
非常に激しい雨 [1時間雨量50~80mm] 滝のようにゴーゴーと降り続く雨。
傘はまったく役に立たず、水しぶきで辺り一面が白っぽくなり、視界が悪くなる。
猛烈な雨 [1時間雨量80mm以上] 息苦しくなるような圧迫感があり、恐怖を感じる雨。
雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要。

天気予報での時の表し方

風の強さと吹き方

やや強い風 [平均風速10~15m/s]
風に向かって歩きにくくなり、傘がさせない。
樹木全体や電線、建物のといが揺れ始める。
強い風 [平均風速15~20m/s] 風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。
電線が鳴り始め、看板やトタン板が外れ始める。
さしていてもぬれるほどの雨で、側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる。
非常に強い風 [平均風速20~30m/s] 何かにつかまっていないと立っていられない。
根の張っていない木が倒れ始め、車の運転では通常の速度での走行が困難になる。
猛烈な風 [平均風速30m/s以上] 多くの樹木が倒れ、電柱や街灯、ブロック塀で倒壊するものがある。
走行中のトラックが横転する危険も高い。

※注意 平均風速は10分間の風速の平均であり、瞬間風速はもっと強くなります。

水害時の危険箇所・浸水想定区域を確認しましょう

浸水想定区域とは、川が大雨ではん濫すると予想される区域のことです。
防災ガイド20ページ以降の防災マップで、自分の住んでいる区域をあらかじめ確認しておきましょう。

浸水深の目安と危険度レベル

大雨の影響により河川の水位が上昇すると、河川がはん濫するおそれがあります。
雨の降り方や住んでいる地域で異なりますので、気象情報や避難情報に注意し、避難の準備をしましょう。

●危険度レベルと名称・情報・とるべき行動

危険度レベル 水位の名称 洪水情報 とるべき行動
レベル5 はん濫発生 〇〇川はん濫発生情報 逃げ遅れたら無理せずに救助を待つ
レベル4 はん濫危険水位 〇〇川はん濫危険情報 避難完了
レベル3 避難判断水位 〇〇川はん濫警戒情報 避難開始
レベル2 はん濫注意水位 〇〇川はん濫注意情報 避難準備
レベル1 水防団待機水位 発表なし

避難準備情報(危険度 小・拘束力/弱)

「発令時の状況」

災害時要援護者や、避難行動に時間を要する人が避難を開始しなければならない段階。災害が発生する可能性が高まった時に発令されます。

例えば
●河川の水位がはん濫注意水位を超えて、なお上昇が予想される時

避難の準備

家族との連絡、非常持ち出し品の用意など、避難準備を開始。ただし、災害時要援護者や避難に時間を要する人は避難を開始。また、手助けを開始する。

避難勧告(危険度 中・拘束力/中)

「発令時の状況」

通常の避難行動ができる人が避難行動を開始しなければならない状況。災害が発生する可能性が明らかに高まった時に発令されます。

例えば
●河川の水位が避難判断水位を超えてなお上昇が予想される時
●災害が発生し、または発生する恐れがあるとき

避難の開始

通常の避難行動ができる人は指定された避難所へ避難行動を開始する。

避難指示(危険度 大・拘束力/強)

「発令時の状況」

人命に関わる被害が発生する危険性が非常に高いと判断された状況の時に発令されます。

例えば
●洪水・高潮・地すべりにより明らかに危険が迫っているとき
●河川の水位がはん濫危険水位に到達したとき

避難の開始

避難勧告の発令で避難中の人は、直ちに避難を完了。避難をしていない人は直ちに行動開始。
間に合わない場合は自宅や隣接建物の2階などへ緊急的に避難するなど命を守る努力を行う。

ゲリラ豪雨から身を守る

非常に狭い地域の中で短い時間で驚異的な大量の雨が降る局地的豪雨のことを、ゲリラ豪雨といいます。
●急激な雨の場合は外出を控える。
●外出中の場合は最寄りの丈夫な建物で雨宿りをする。
●車の運転中は、安全な駐車場などに車を停車し、その場で待機する。
●川の近くにいる場合は、すぐに川から離れる。

竜巻から身を守る

屋内にいたら

●家の1階の窓のない部屋に移動する。
●窓やカーテンを閉める。
●窓から離れる。大きなガラス窓の下や周囲は大変危険。
●丈夫な机やテーブルの下に入るなど、身を小さくして頭を守る。

屋外にいたら

●頑丈な構造物に入って、身を小さくする。
●物置やプレハブ(仮設建築物)の中は危険。
●シャッターを閉める。
●電柱や太い樹木であっても倒壊することがあり危険。

落雷から身を守る

屋内にいたら

●家電製品のコンセントを抜く。
●窓や柱から離れ、姿勢を低くする。
●入浴や調理をしない。
家電製品は落雷でショートするおそれがあります。また、雷は水道管などを伝うこともあるため、水周りに注意しましょう。

屋外にいたら

●丈夫な建物や、車の中に避難する。
●背の高い木からは4m以上離れる。
●周囲より背を低く保つ。
●長い物を高く持ち上げない。

風水害対策の心得

●正確な気象情報を入手する

空模様が不安定なときはテレビやラジオなどの気象情報を注意深く聞きましょう。停電に備え、携帯ラジオや電池の準備も重要です。

●早めの準備を!

いつでも避難できるよう、非常持ち出し品を準備しておきましょう。

●危険を感じたら速やかな避難行動!

避難準備情報や避難勧告が出たら、速やかに避難行動をとりましょう。自分の避難所がどこなのか、日ごろから確認しておくことが大切です。

避難のポイント

▶高齢者・身体の不自由な人・子どもは、隣近所が協力し合って早めの避難を。
▶自宅を離れる時には、火の始末、戸締りを忘れずに。
▶避難経路は知っている道を。
▶単独行動は避け、ロープなどにつかまってお互いの位置を確認するなど、はぐれないように注意。
▶服装は身軽に、荷物はできるだけ少なくし、背負って両手を自由に。