安全な避難の仕方

屋内にいたら

■家の中 ●テーブルの下で身を守る。
●座布団などで頭部を保護。
●速やかに火の始末。
●窓や戸を開けて避難出口を確保。
●はだしで室内を歩かない。(靴やスリッパを履く)
■ビルの中 ●カバンや座布団などで頭部を保護。
●机の下などに逃げる。
●本棚・OA機器などの移動や転倒に要注意。
●備品のない廊下の方が安全。
■スーパー・デパート ●バッグなどで頭を保護。
●ショーケースなどから離れる。
●柱や壁ぎわに身を寄せる。
●あわてて出口に殺到しない。
●係員の指示に従い階段で避難。
■地下街 ●壁面や太い柱に身を寄せる。
●係員の指示に従う。
●火災が起こったときは、ハンカチなどで鼻と口を覆い、はうようにして煙の流れる方向へ壁を伝って逃げる。
■劇場・ホール ●バッグなどで頭を保護。
●イスとイスの間にしゃがみ、身をふせる。
●揺れがおさまるまで様子をみる。
●あわてて出口に殺到せず、係員の指示に従い、冷静に行動する。


屋外にいたら

■住宅街 ●できるだけ塀から離れる。
●窓ガラスなどの破片に気を付ける。
●建物の周りや狭い路地には近づかない。
■商店街・ビル街 ●バッグなどで頭を保護。
●落下物に注意する。
●公園や空き地などへ避難。
●間口の広い建物や自動販売機、ビルの塀ぎわなどは避ける。
■海岸・がけ付近 ●すぐにその場を離れ、安全な場所、あるいはより高い所へ避難する。
●テレビ・ラジオ・携帯電話などから津波警報が発表されているか必ず確認する。
●津波は繰り返し襲ってきます。後からの津波のほうが高くなることもあるので警報の解除まで海岸や川には近づかない。
●地形によっては、予想される津波の高さより大きくなることもある。

乗り物に乗っていたら

■電車やバスの車内 ●つり革や手すりなどにしっかりつかまる。
●勝手に外に出たり、窓から飛び出さない。
●乗務員のアナウンスに従い、落ち着いた行動を。
■車の運転中 ●地震を感じたらハザードランプを点灯し、周りに注意を促しながら徐々に速度を落とし、道路の左側に寄せてエンジンを切る。
●車を離れるときは必ずキーをつけたままにし、ドアロックはしない。