火災

火災発生時の行動のポイント

119番通報のポイント

●119番通報をするときは、まず冷静になることが大切です。
●落ち着いて、火災やけが・病人などの状況をできるだけ詳しく伝えてください。

初期消火のポイント

1 早く知らせる

●小さな火事だと思っても、1人で消そうとしない。
●大声で叫び、隣近所に助けを求める。
●小さな火でも119番に通報する。
●当事者は消火に当たり、近くの人に通報を頼む。

2 早く消火する

●出火から3分以内が消火できる限界。
●天井に火が届いたら、速やかに避難を。
●水や消火器がなければ、身近なもの(座布団や毛布など)を
活用して一刻も早い消火を。
●油に水を絶対に入れない。

3 早く逃げる

●天井に火が燃え移ると、火災は一気に拡大するので避難する。
●避難するとき、燃えている部屋の窓やドアを閉め、できるだ
け食い止める。
あくまでも逃げる事が優先です! 決して無理はしない!

火災時の避難のポイント

  1. 天井に火が届いたときが避難の目安。
  2. 高齢者・障害のある人・身体の不自由な人・乳幼児などを優先的に避難させる。
  3. 服装や持ち物にこだわらずできるだけ早く避難する。
  4. 煙の中を逃げるときは、できるだけ姿勢を低くして、煙を吸わないようハンカチなどで鼻・口を覆う。
  5. いったん逃げ出したら再び火の中には戻らない。
  6. 逃げ遅れた人がいるときは、近くの消防隊にすぐに知らせる。

身体の不自由な人の避難にあたっては、隣近所や町内会の皆さんのご協力が欠かせません。

住宅用火災警報器の設置

帯広消防署指導課 西6南6 ☎ 0155-26-9131

住宅火災による焼死者の増加に歯止めをかけるため、市では、平成20年6月1日からすべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化されています。