火災火災

火災発生時の行動のポイント

119番通報のポイント

  • 119番通報をするときは、安全なところから。
  • 落ち着いて、火災やけが・病人などの状況をできるだけ詳しく伝えてください。

初期消火のポイント

1 早く知らせる

  • ●「火事だ!」と大声で叫び、周囲に助けを求める。
  • ●小さな火事だと思っても、早く119番に通報する。

2 早く消火する

  • ●水や消火器がなければ、身近なもの(座布団や毛布など)を活用して一刻も早い消火を。
  • ●てんぷら油火災では絶対に水をかけてはいけない。

3 早く逃げる

  • ●天井に火が燃え移ると、火災は一気に拡大するので速やかに避難を。

あくまでも逃げる事が優先です!決して無理はしない!

火災時の避難のポイント

  1. 火災の煙には有毒ガスが多く含まれています。煙の中を逃げるときは、煙を吸わないように姿勢を低く。
  2. 避難するとき、燃えている部屋のドアを閉め、延焼の拡大や煙の拡大を遅らせる。
  3. 服装や持ち物にこだわらずできるだけ早く避難する。
  4. すぐに避難できるように、住宅用火災警報器を設置・維持管理する。寝室の位置を見直す。
  5. 逃げ遅れた人がいるときは、近くの消防隊にすぐに知らせる。

身体の不自由な人の避難にあたっては、隣近所や町内会の皆さんのご協力が欠かせません。

住宅用火災警報器の設置・維持管理

帯広消防署指導課 西6南6 ☎ 0155-26-9131

住宅火災による焼死者の増加に歯止めをかけるため、すべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務化されています。設置後は、故障や電池切れがないか定期的に作動確認しましょう。また、10年を目安に新しい警報器に交換しましょう。