風水害水平・垂直避難 / ゲリラ豪雨から身を守る / 避難のポイント / 逃げ遅れゼロのための取り組み

水平避難と垂直避難

水害時は、指定された避難所への避難にこだわらず、状況に応じて適切な避難行動をとりましょう。

水平避難
時間に余裕がある場合は、近隣の避難先ではなく「川から離れ、より安全な場所」へ避難すること。
垂直避難
急激な降雨や浸水により屋外での避難行動が困難な場合は、浸水による建物の倒壊の危険がないことを確認し、自宅や隣接建物の2階以上へ避難すること。

避難のポイント

  • ▶高齢者・身体の不自由な人・子どもは、隣近所が協力し合って早めの避難を。
  • ▶自宅を離れる時には、火の始末、戸締りを忘れずに。
  • ▶避難経路は知っている道を。
  • ▶単独行動は避け、ロープなどにつかまってお互いの位置を確認するなど、はぐれないように注意。
  • ▶服装は身軽に、荷物はできるだけ少なくし、背負って両手を自由に。
  • ▶夜間の避難は危険ですので、明るいうちに避難しましょう。

注意 悪天候のときに川の様子を見に行くことは非常に危険です。絶対にやめましょう。

ゲリラ豪雨から身を守る

非常に狭い地域の中で短い時間で驚異的な大量の雨が降る局地的豪雨のことを、ゲリラ豪雨といいます。

  • 急激な雨の場合は外出を控える。
  • 外出中の場合は最寄りの丈夫な建物で雨宿りをする。
  • 車の運転中は、安全な駐車場などに車を停車し、その場で待機する。
  • 川の近くにいる場合は、すぐに川から離れる。

逃げ遅れゼロのための取り組み

河川の水位が上昇するなど水害の危険性が高まった場合に備えて、自分自身がとるべき避難行動を時系列に整理しておきましょう。
災害時における避難行動のチェックリストとして、また危険を認識するための資料として活用できます。事前に家族や地域で話し合い、適切な避難行動をとりましょう。