情報の提供・公開

行政推進室 市庁舎5階 ☎ 0155-65-4112

○情報室

情報室では、市の刊行物などを自由に閲覧できますので、ご利用ください。

○情報公開制度

市では、情報公開条例を制定し、帯広市が保有する情報を、市民の皆さんの請求に応じて開示(閲覧、複写)ができるよう、情報公開制度を実施しています。
この制度はどなたでも利用できますが、プライバシーの保護などのため、個人に関する情報、企業秘密にあたる情報、法律などで開示が禁止されている情報などは、開示できません。

広報

広報広聴課 市庁舎3階 ☎ 0155-65-4109

○広報紙 広報おびひろ

くらしの情報や各種制度の内容と手続き、市が行う施策や事業、地域の情報などを掲載しています。
毎月1日発行。発行月の前月の20日頃から月末にかけて、町内会の皆さんなどのご協力により配布します。
市内のコミセンや福祉センター、市庁舎総合案内、スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどにも設置しています。
市ホームページでは、Web版広報おびひろを掲載していて、ダウンロードもできます。

○点字広報・声の広報

目の不自由な人のいる世帯に、希望に応じて「広報おびひろ」を要約した「点字広報おびひろ」や、音声を録音した「声の広報おびひろ」を毎月初旬にお届けしています。

○帯広市ホームページ・フェイスブック・ツイッター

各種制度の紹介やイベント情報などを掲載しています。

詳細はこちらから

○市勢要覧(資料編)

人口や産業、福祉、教育の状況など、市の基本的な統計資料などを掲載しています。

○テレビ・ラジオ広報番組

地元のケーブルテレビやコミュニティFMを通じて、映像と音声でくらしの情報などをお知らせしています。

市役所だより(OCTV) 毎日4回、 1回約5分
おびひろタウンインフォメーション(FM-JAGA) 毎週月・水・金曜日、9:15〜 約5分
おびひろ広報メモ(FM-WING) 毎週月・水・金曜日、9:30〜 約5分

広聴

広報広聴課 市庁舎3階 ☎ 0155-65-4110

○市長への手紙

市長へ直接、市政についてのご意見・ご提案を文書などで出していただき、広く市民意見を伺う制度です。
専用の用紙は市庁舎や市内コミセン、福祉センターに設置しているほか、広報おびひろに年2回掲載しています。専用の用紙は市ホームページからも入手でき、メールでも意見をお送りいただけます。また、封書やはがき、ファクスでも受け付けています。

○要望の受け付け

市政に関するご意見、ご要望を受け付けています。文書で提出してください。

○市民トーク

市民の皆さんと市長が直接、まちづくりについて話し合います。対象は、市内に在住・通勤・通学している人のグループなどです。時間は1時間程度で、祝日を除く月〜金曜日の9時〜21時の時間で受けています。ご希望の場合は事前にご相談ください。

○地区懇談会

「市長と語ろう『夢かなうまち おびひろ』」と題して市長が各地域に伺い、まちづくりの主な取り組みを説明して、市民の皆さんと意見交換を行います。

○パブリックコメント(市民意見提出)制度

パブリックコメント制度は、市民の皆さんの生活に関わる計画や条例などの案を公表し、皆さんから寄せられたご意見を参考にして、最終的な案を決定するものです。
意見募集を始めるときは、広報おびひろや市ホームページなどでお知らせします。

○ふれあい市政講座

市職員が皆さんのところへ出向き、市の取り組みや制度の内容をわかりやすくお話しします。対象は市内に住んでいるか、市内に通勤・通学している10人以上のグループです。講座メニューは70種類以上用意しています。

●交通安全教室

安心安全推進課 市庁舎3階 ☎ 0155-65-4131

市民の意識を啓発し交通安全を推進するため、保育所・幼稚園、小学校、児童保育センター、老人クラブ、町内会、会社、イベントなどさまざまな場所で、交通安全教室を開催しています。
正しい路上歩行の仕方や自転車の点検方法、正しい乗り方、交通ルールやマナーなどについて学びます。

●エコエコ紙芝居
●ごみ懇談会
●出前環境教室
●出前健康講座
●要介護にならないために
●地域づくりにつながる介護予防