健康づくり

特定健康診査

国保課給付係 市庁舎1階 ☎ 0155-65-4138

平成20年度から40歳以上の人に対して、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した生活習慣病予防のための健診・保健指導を実施しています。
特定健診・特定保健指導の対象年齢は、各年度(4月1日~翌年3月31日)での実年齢です。実施場所は市内コミセンなど(6月~翌年3月)と市内指定医療機関(通年)です。

○特定健康診査

40~74歳の市国保加入者

対象となる人には1人1枚受診券を送付します。特定健康診査受診料の自己負担はありません。

40~74歳の市国保以外の健康保険などの加入者

加入している医療保険者にお問い合わせください。

○後期高齢者の健康診査

後期高齢者医療制度加入者(75歳以上または一定の障害がある65歳以上の人)

対象となる人には1人1枚受診券を送付します。
健康診査受診料の自己負担はありません。

※特定健康診査及び後期高齢者の健康診査の健診項目

・身体測定 ・血圧測定 ・尿検査 ・血液検査・医師による診察

※各種がん検診を同時に受診することができます。国民健康保険及び後期高齢者医療制度加入者は無料で受診できます。(こちらをご覧ください

健康づくり

健康推進課 東8南13 保健福祉センター ☎ 0155-25-9721

○特定保健指導(積極的支援・動機付け支援) 

市国保加入者の特定健診の結果により、メタボリックシンドローム予防のための生活習慣改善に6カ月間取り組みます。

○糖尿病予防講座

健診などの結果において、糖尿病予備群の人を対象に、講話や運動を通して糖尿病予防について学びます。

○健康づくり教室

食事調査、体力測定、ストレス度チェックなどを行い、その結果に基づき食生活や運動など健康づくりの実践に取り組みます。

○からだスッキリ講座

健康に関する講話とストレッチ、ウォーキング、オビロビ(帯広市で考案したエアロビクス)などの運動の実技を行います。

○リラクゼーション室一般開放

メディカルチェアやリラクゼーションカプセルなどの機器の利用により、リラクゼーション体験ができます。

○出前健康講座

市内で活動している皆さんの依頼を受け、健康に関するさまざまな話題をテーマにお話や運動の実技指導などを行っています。

○ランチ&運動つき健診教室

メタボリックシンドローム予防のために、栄養の学習と試食、運動をセットで体験できる教室です。

おびひろの文化財

帯広市の自然と文化を物語る重要物のうち、14 の文化財が指定を受けています。

帯広市指定文化財⑦ 八千代A遺跡の出土遺物

昭和60年~平成元年度の調査により、縄文早期(約9千年前)の住居跡105軒をはじめ、土坑(貯蔵穴)、野外の炉跡などの遺構や、土器・石器・装身具など約9万点の遺物が出土した。八千代A遺跡は、この時期としては全国的にも例を見ないほど大規模な集落跡であることが判明した。
(平成3年11月1日指定・有形文化財)         (百年記念館所蔵)

帯広市指定文化財⑦ 八千代A遺跡の出土遺物

生活習慣病検診・がん検診など

健康推進課 東8南13 保健福祉センター ☎ 0155-25-9720

コミセンなどで行う「集団検診」と、市内の指定医療機関で受ける「施設検診」があります。予約が必要な場合もあります。詳しくはお問い合わせください。がん検診の対象年齢は年度末の年齢です。

名 称 対象者 実施場所・備考
がん検診(有料)※1 胃がんは35歳以上、肺がんは40歳以上の人 検診車による集団検診(6月~翌年3月)
大腸がんは40歳以上、前立腺がんは50歳以上(男性)、子宮がんは20歳以上の偶数年齢、乳がんは40歳以上の偶数年齢の女性(2年に1回)
市内コミセン(6月~翌年3月)、
市内実施医療機関(通年)※2
健康診査(無料) 40歳以上の生活保護を受給している人
35〜39歳健康診査(有料)※1 年度末で35~39歳の人
肝炎ウイルス検診(有料)※1 40歳以上の市民でこれまでに肝炎ウイルス検診を受けたことのない人および同一年度の特定健診などにおいて肝機能異常を指摘された人
結核検診(無料)※1 学生を除く15歳~39歳 検診車が市内巡回(6月~10月)
骨粗しょう症検診(有料)※1 年度末で40、45、50、55、60、65、70歳の女性 市内実施医療機関(通年)※2
エキノコックス症検診(有料) 小学3年生以上 保健福祉センターほか(9月〜1月)

※1 料金が無料になる人
①高齢者医療確保法の「後期高齢者医療被保険者証」を持っている人(被保険者証をお持ちください) ②医療保険各法の「高齢受給者証」を持っている人(受給者証をお持ちください) ③生活保護を受けている人(被保護証明書をお持ちください) ④同一年度の市民税が家族全員非課税の人(事前に健康推進課にご連絡ください) ⑤市国民健康保険に加入の人(被保険者証をお持ちください) ⑥納期限の到来していない市民税の全額が免除された人
※2 実施医療機関は健康づくりガイドや市ホームページをご覧ください。時間・曜日は各医療機関に問い合わせて受診してください。

高齢者の健康づくり

高齢者福祉課 市庁舎2階 ☎ 0155-65-4145

○介護予防事業

介護予防の活動をしながら、さまざまな場面で活躍できるよう知識・技術を身に付けたり、介護予防の活動をする中で、同じ目標を持つ人たちと新たに集まり一緒に活動を行います。 また、自主的な健康づくりを応援するため、さまざまな事業を行っています。