選挙・市議会選挙・市議会

選挙

選挙管理委員会事務局 市庁舎9階 ☎ 0155-65-4222

選挙権

満18歳以上の日本国民には、選挙権があります。
帯広市の選挙人名簿に登録される資格を有するのは、市内に在住し、引き続き3カ月以上住民基本台帳に登録されている満18歳以上の人です。

被選挙権

選挙の種類によって、年齢資格要件が異なります。

満25歳以上 衆議院議員、都道府県議会議員、市町村長、市町村議会議員
満30歳以上 参議院議員、都道府県知事

登録制度

選挙人名簿への登録は、住民基本台帳に基づいて行います。住所が変わったときには、必ず届け出を行ってください。

詳細はこちらから

定時登録

市の選挙管理委員会は、毎年3月・6月・9月・12月の1日現在で登録資格のある人を、選挙人名簿に登録します。

選挙時登録

選挙が行われる場合は、日を定めて登録資格のある人を選挙人名簿に登録します。

補正登録

登録される資格があるのに、選挙人名簿に登録されていないときには、本人の申し出などにより、登録します。

市議会

議会事務局 議会棟2階 ☎ 0155-65-4220

市議会の役割としくみ

市議会は、市政のあり方や進め方の基本を決定する機関です。主な仕事としては、条例の制定・改廃、予算の決定、決算の認定、金額の大きな請負契約締結の議決などがあります。
市民の直接選挙によって選ばれた議員で構成されており、帯広市議会の議員定数は29人です。任期は4年で、現在の議員の任期は令和元年5月1日から令和5年4月30日までになります。
市議会には、3月・6月・9月・12月の年4回開かれる定例会と、必要に応じて開かれる臨時会があります。
また、総務委員会・厚生委員会・産業経済委員会・建設文教委員会の4つの常任委員会と議会運営に関わることなどを協議する議会運営委員会、必要に応じて設置される特別委員会があります。

請願と陳情

市政などに関することは、文書で請願(紹介議員が必要)あるいは陳情することができます。要旨をできるだけ簡潔に書いて提出してください。

議会の傍聴

傍聴を希望する人は、議場または委員会室へお越しください。車いすのまま傍聴席に入ることもできます。
なお、傍聴者向けの幼児の一時預かり、手話通訳者派遣制度および携帯型補聴器誘導システム(いずれも事前申し込みが必要)もご利用いただけます。

市議会インターネット映像配信

本会議や委員会はパソコンやスマートフォン、タブレット端末から生中継・録画映像をご覧いただけます。