このサイトについて

発刊のご挨拶

「おびひろ暮らしと防災ガイド」は、暮らしに役立つ帯広市のさまざまな制度や手続き、公共施設や避難所、病院などの各種情報を分かりやすく紹介した冊子です。
 このたび帯広市は東洋印刷株式会社様と官民協働事業により、行政情報や地域情報を掲載した全世帯にお届けすることができました。製作から配布、広告掲載にご協力いただきました事業者や各種団体の皆様には、心から感謝申し上げます。
 このガイドブックをぜひ、ご家庭の目の届くところに常備していただき、暮らしに役立てていただければ幸いです。

帯広市民憲章(昭和57年6月17日)

澄んだ青空と、きれいな水に恵まれている広大な十勝平野。先人は多くの苦難を乗りこえて、その中心に平原のまち、帯広を拓きました。
 わたしたちは、豊かな自然と、この地によって培われたお おらかな気風に誇りをもち、住みよいまちをめざし、よりよ い市民として前進するために、この憲章を定めます。

1 明るく働き、豊かなまちにしましょう。
1 きまりを守り、なごやかなまちにしましょう。
1 あたたかい心をもち、うるおいのあるまちにしましょう。
1 自然を大切にし、やすらぎのあるまちにしましょう。
1 北国の文化を高め、楽しいまちにしましょう。

◇帯広市の市章

 両側に北海道の「北」の字と、オビヒロの「ヒ」の字をかねて表し、下に「口」を、中央には十勝の中心都市として飛躍を続ける帯広市を表徴して「オ」の字を図案化しています。

◇帯広市の花・木・鳥

帯広市の花・木・鳥は、帯広観光協会が「帯 広市の木・花・鳥募集選定委員会」を設置し、昭和41年11月10日に決定しました。

◆クロユリ

 春、30センチほどの茎の上部に黒紫色の 花をつけます。野草園などで見られます。

◆シラカバ

 市内の随所に自生し、市民に親しまれています。並木は観光資源の一つとなっています。

◆ヒバリ

 3月ごろに飛来して10月ごろ暖地に帰る 夏鳥。ヒバリの声が春の訪れを告げます。