各種証明書

戸籍住民課市 庁舎1階 ☎ 0155-65-4141

各種証明書が必要なときは、戸籍住民課窓口や川西・大正支所、または最寄りのコミュニティセンターなどにある請求書に記入をして申請してください。
また、戸籍などの証明書や住民票の写しを第三者が請求することは可能ですが、使用目的の明示や委任状などの添付が必要です。

交付請求する人の本人確認

○本人確認に必要なもの

住民基本台帳法と戸籍法の改正により、交付申請できる人が限定されました。また、窓口に来た人の本人確認が法律で定められ、運転免許証などの必要な書類を提示していただいています。

本人確認書類(例示)

運転免許証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カードなど官公署発行の顔写真付きのもの

1点で

(イ)健康保険証・年金手帳など官公署発行の顔写真のないもの
(ロ)学生証・社員証など官公署以外で発行している顔写真付きのもの

2点が

2点必要なものの組み合わせは自由です。ただし、戸籍に関する証明の場合、(ロ)+(ロ)の組み合わせは認められていません。

○交付請求できる人

住民票 本人及び本人の住民票に記載されている人
戸籍  戸籍に記載されている人、その配偶者、子・孫・父母・祖父母など直系にあたる人
本人・親族など以外の請求   ①該当する人からの委任状がある
②自己の権利を行使し、または自己の義務を履行する
③住民票(または戸籍)の記載事項を利用する正当な理由がある
④弁護士などが職務上の請求をする
⑤官公庁の職員が公用請求する

○住民票の写しの広域交付

帯広市以外の市町村の窓口でも、本人または同一世帯員が来庁し、住民基本台帳カードや運転免許証などの官公署が発行した顔写真付きの証明書があれば住民票の写しの広域交付を受けることができます。なお、本籍や筆頭者名は表示されません。

各種証明の郵便請求

戸籍や住民票などは郵送でも取り寄せることができます。戸籍の証明は本籍のある市区町村役場へ、住民票の証明は住所地の市区町村役場へ請求してください。
なお、印鑑登録に関する証明など、郵送では取ることができないものもあるのでお問い合わせください。
手数料などは、請求する市区町村にお尋ねください。

各種証明書の手数料

種 類 手数料 内 容  
全部事項証明書
(戸籍謄本)
1通 450円 戸籍に記載されている全部を証明したもの 請求者の本人確認書類
(運転免許証・保険証など)
※1
個人事項証明書
(戸籍抄本)
1通 450円 戸籍に記載されている一部を証明したもの
平成改製原戸籍
(謄本・抄本)
1通 750円 平成19年7月28日の電算化以前の戸籍に記載された内容を証明したもの
昭和改製原戸籍
(謄本・抄本)
1通 750円 昭和32年法務省令第27号により改製したもの
除籍全部事項証明
(除籍謄本)
1通 750円 除籍された戸籍に記載された全部を証明したもの
除籍個人事項証明
(除籍抄本)
1通 750円 除籍された戸籍に記載された一部を証明したもの
戸籍の附票の写し 1通 200円 住所の異動過程の証明
身分証明書 1通 300円 禁治産者・準禁治産者・後見登記者および破産宣告者ではないことを証明したもの
住民票の写し 1通 200円 住民票に記載された全部または一部を証明したもの
住民票コード再通知 無料 11桁の住民票コードを再通知するもの
ただし平成14年8月現在、帯広市に住民登録があった者に限る
官公署発行の身分証明書
住民票記載事項証明書 1通 200円 住所・氏名・生年月日などの住民票の一部の証明  
印鑑登録証明 1通 300円 登録された印鑑の証明   ※1+印鑑登録証(カード)
印鑑登録証再交付 1枚 300円 紛失・改印などにより再交付のとき ※1+印鑑など
公的年金現況届 無料 年金受給者がその生存証明として関係機関へ提出する現況届に行う証明 ※1
不在住証明書・
不在籍証明書
1件 300円 住所移転・転籍の結果、あるいは元来、当地に在住・在籍しないことの証明書 ※1
戸籍届出書受理証明書 1通 350円
(上質紙 1400円)
婚姻・離婚など届出書の審査終了後、受理決定した届け出を証明したもの ※1